株式会社M・R・B 経理担当 町田様

平成25年3月から会計ソフトを使うようになって 経営成績がすぐにわかるようになったので、 助かっています。 また、経費の使いみちもすぐにわかるし、 入力もスムーズにできるので業務がはかどります。

エーマックスライズ株式会社 遠藤社長様

自社で入力するメリットは、毎月財務状況を確認でき、資金繰りなどその対応を素早く取れる点が一番だと思います。

(株)野田貞 峯木様

会社にとっての会計ソフトは聞いた感じはハードルが高く、自社には関係ない話だと思う方々も多いと思います。 ですが、会社内のお話なのです。なぜ、会計ソフトを導入して、帳簿を自社で管理するか。 それは全ては自分の会社のためです。帳簿をつける事は会社の健康管理をすることと同じです。今、自分には何が悪いのか、何をしなければならないのかの状況をダイレクトにそれはシビアに伝えてくれます。費用の何が大きくなっているのか、利益はあるのか、今、何をしなければならないのかは各社の素朴な疑問だと思います。その疑問や不安の道先を会計ソフトは指し示してくれます。仕訳を一本入れるだけで、自動的に転記して元帳や補助簿を作成してくれます。各勘定科目の推移や残高は勿論、試算表、現金、預金、買掛金、その全ての補助簿を日々の仕訳ひとつで間違いなく行ってくれます。分からない事は安原誠会計事務所と連携して不安や疑問は電話等で相談して解決しながら、今、自社の健康状態がどうなのか、何をしなければならないかを知るには最適なツールだと考えております。