1 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 198

「365日 税理士まこと」 

2月13日(金) 今日は、まさしく13日の金曜日です。変なことが起きないといいんだけど。

「365日 税理士まこと」 

2月12日(木) 2月10日午後11時、門前仲町は、活気があった。一瞬景気回復を感じた。  

「365日 税理士まこと」 

2月11日(水)只今勉強中 ①努め励むこと。②値段を安くまけること。只今①です。

「365日 税理士まこと」 

2月10日(火) 厳寒だから流行る? 「あったかいんだから~♪」

「365日 税理士まこと」 

2月9日(月) 年末調整廃止 全員確定申告 すぐ近くに来ている

「365日 税理士まこと」 

2月8日(日)休日に考える 幸せを感じる働き方

「365日 税理士まこと」 

2月7日(土)東京圏に人口集中 満員電車 どんだけー

てっぺん(有志による勉強会)の行く末? 

1年5か月前ほど江東西支部の若手税理士2人と私で、受け身的な研修(講義形式)よりそれぞれが抱えている問題等を話し合う勉強会を立ち上げた。 そして、税理士業界の頂上を目指そうということで、私が自分の子供の名前より良く考えて(時間をかけたという意味)、勉強会の名前を「てっぺん」と付けた。 名前は、順調でした。 1回目相続関係の時は、40名弱集まった。1回目も順調。 その後は、衰退の一途。私を含めて、企画側が悪いのか、参加者の意識なのか、講義スタイルでは、東京税理士会、江東西支部研修、外部研修機関と変わらない。 もっと、意見を出してほしい。活発な意見交換をと言っても。 今の世相を反映しているのだろうか。パソコン、メール、スマホ等の存在により、コミュニケーションがとりずらいのだろうか?1人で過ごす時間が多いのでしょうか? せっかく立ち上げたてっぺんにぺんぺん草が生えてしまう。 明日、予定していた勉強会も参加者が少なくて中止。参加者が少ない理由は、いろいろ考えられる。 それを言ったて、始まらないし。 企画側が変わろう。そうしよう。そうでしょ。星山先生、新井先生。

平成26年分確定申告の留意事項 

昨日、東京税理士会主催の研修会に参加して来ました。 講師は、東京国税局の担当官で、表題の研修を行われ、所得税(譲渡所得)、贈与税、消費税の確定申告の留意点を税理士向けに話されていました。 先週、私が所属している東京税理士会江東西支部の税務支援事業である確定申告の無料相談会に参加して、普段接しない江東区民の方の各種相談に乗りましたが、数年前に比べ、税に関する知識を身に付ける方が非常に多くなった感じがします。 特に税の知識を身に付けた方が相談に来ているのかもしれません。 本当にいろいろな事を知っています。私が受けた方に集中、それはないと思います。 昨日は、雪交じりの雨の影響もあり、研修会場での税理士の参加者が少ない感じがしましたが、表題にある通り、留意すべき事項を勉強することは、プロとして重要だと思います。 あるその道のプロの方が言っていましたが、「複雑なのものでも淡々と普通に片づけられることがプロ」であることというこの言葉を肝に銘じ、確定申告という仕事に向き合いたいと思います。

「365日 税理士まこと」 

2月6日(金) 「最後の責任は、私がとる。とにかく思い切ってやれ」と最近言えてますか?
1 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 198